エコクリーン分野

嫌気性バイオレメディエーション - EDC工法

EDC(Electron Donor Compound;電子供与体混合物)は、食品原料を主体とした、揮発性有機塩素化合物(CVOCs)汚染土壌のバイオレメディエーション促進剤です。土壌中の微生物の作用による、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン等の分解を促進します。 ※EDCはエコサイクル株式会社が製造、三菱商事株式会社が販売を行っています。

汚染物質濃度低減曲線

汚染物質濃度低減曲線

特徴

  1. 原位置浄化
  2. 食品原料を主体としているため安全
  3. 掘削工法、酸化剤工法と比べ安価

適した条件

  1. 注入井戸を作井可能,または調査等で作井した井戸が多数ある
  2. 浄化期間中、常設の溶解装置・注入井戸を設置可能
  3. 浄化時間を十分に取れる
  4. 透水性が良い

適さない条件

  1. 地下水がない(基本条件)
  2. 地上に井戸が作れない場合
  3. 浄化に時間をかけられない
    (微生物反応なので、浄化には一定の期間を要する)
  4. 微生物が生息できない環境
  5. 透水性が悪い(粘土質など)
EDC-(A) EDC-(B)

▲このページの先頭に戻る