エコクリーン分野

光触媒技術

VOCの揚水処理で主流である、揚水曝気+活性炭吸着処理では、汚染物質を地下水から活性炭に移動させるだけのため、廃活性炭の処理などが必要だった。
これに対し、光触媒処理では対象物質の分解処理のため廃活性炭の処理が生じない。このため、活性炭の頻繁な入れ替え、廃吸着剤の廃棄などに伴う二次汚染が防止できる。
下図に光触媒法によるVOC浄化の模式図を示す。

#

酸化チタン光触媒に紫外線光を照射すること、光触媒は電子ホールと励起電子に分極する。電子ホールは吸着水などを酸化分解して水酸ラジカル(・OH)水素イオン(H+)を生じる。
励起電子は酸素を還元しスーパーオキサイドアニオン(O2-)を生じる。
これら、水酸ラジカルやスーパーオキサイドアニオンが二次的に対象物質を分解する。

特徴

  1. 原位置浄化
  2. 揚水処理
  3. 廃活性の出な光触媒方式

適した条件

  1. 長期の揚水の実施を予定している
  2. 廃活性炭等で困っている
  3. 透水性が良く拡散性が良い場合

適さない条件

  1. 地下水がない
  2. 浄化に時間がかけられない
  3. 常設の設備が設置できない

#

#
アデカビームクリーン[蛍]

▲このページの先頭に戻る